<   2005年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
  ・・・・・

現代の若者達はこの使い古された言葉を自分の権利であるかのように安易に口にする。

仲間と酒を飲むときに。あるいは女を口説くときに。そして自らの行為を正当化するための便利な道具として。

だが元来『夢』とは、男にとってもっと神聖なものだ。「夢だから実現できなくてもしょうがない」といった、いい加減な心構えで使うべき言葉ではない。実現する自信もないのに夢を口にするのは、男として卑怯な行為だ。

それは『夢』ではなく、単なる『嘘』にすぎない。

『夢』はそれを口にした瞬間から、男にとって人生の『目標』となる。

やり遂げるべき『義務』といってもいい。
[PR]
by kuroya968 | 2005-10-06 22:28