スーパー揚重テクニック!
先日から始まった新築ビルの模様です。この日は石膏ボード600枚搬入!

石膏ボードは現在のマンション等、ほとんどの室内の壁に使われていて、搬入量もかなり多いので大変です。

場所は神田とあって、雑居ビルがひしめき合って建っているこの場所では、簡単には搬入が出来ません。

でも、そんな現場だからこそ荷揚げ屋さんの血が騒ぐんです。

今回は土地一杯に建物が建つために、建設用リフトが付けられず、クレーンのみでの搬入です。
a0070569_13454577.jpg




しかし厄介なのはクレーンで吊り上げたものを上の階で下ろす場所(ステージ)がどこにも無い造りになっているとゆうこと。

仕方がないので、まだ建設途中の外部階段に建物の一番上からクレーンで降ろすのですが、その開口が狭すぎて1歩間違えれば材料(約1㌧)が途中で引っかかり、大事故に発展するんじゃないか?!というドキドキの方法でやりました。写真は下から見た所です。
a0070569_133534100.jpg


でも、そこはクロヤ揚重事業部の腕の見せ所です。
a0070569_1338489.jpg


難なく材料を階段の踊場に着地させると、そこからは持ち前のパワーとスピードで一気に材料を建物内へ運び込みます。
a0070569_13382860.jpg



これを何度も繰り返し作業。石膏ボードなので当然ぶつければ割れてしまい、使い物にならなくなってしまうので本当に気を使います。

しかも暑くてパンツまで汗でびっしょりですよ^^;


a0070569_13385573.jpg
(この日は高橋工房の高橋工場長も助けに来てくれていたので鬼に金棒でした!)



・・・・・多分あなたの今住んでいるマンションの壁には、荷揚げ屋さんたちが一生懸命運んだ「汗」と「思い出」が染み込んでいます。


・・・・・・くさっ!!!
[PR]
by kuroya968 | 2006-07-20 13:43
<< 時計だよ! 映画公開当時のバッタ物 >>